リフォームが本業ですが、不動産の案件に対してお役に立てないことがありました。今後の国策を踏まえリフォームとのシナジー効果につなげるため不動産業を始めるのに自力では難しいとの判断で数あるFCの中からERAに加盟しました。
ERA本部の指導によりやるべき事や出来ている事、出来ていない事が明確になり今後の進め方、方向性が明確になりました。

不動産業を本格的に立ち上げるために、フランチャイズへの加盟を検討していました。LIXIL不動産ショップのブランド力と理念に魅力を感じERAを選択しました。

LIXIL商材を使っていたということもあり不動産部門を強化しようとLIXILグループのERAに加盟しました。

150年間という長い歴史の中で工務店業として培ってきた地域の信用を基礎に、さらに生涯にわたってお客様の住生活のニーズにお応えするには不動産仲介業が必要不可欠と考え加盟しました。

社員のさらなるステップアップを目標に成長を促すきっかけとなればと加盟しました。

前身である「住通チェーン」の時代に「顧客第一主義」の理念が自分と同じだという事で共感して加盟しました。当時の不動産業界の路線とは明らかに違いがあり、常識を覆す地域戦略の考え方に、これだ!と直感しました。

リフォームが本業でしたがリフォーム以外の事業の柱として不動産を選択しました。