当時はLIXILのリフォームFCに加盟しておりました。

リフォームFCがERAに移るのを機に、不動産活動をスタートしたいと思いERAに加盟しました。

店舗移転を契機に社員を増やしたいと考え、社員研修が充実している不動産フランチャイズに加盟しました。

研修を受けまして、経営内容が当社と共感できるところがあり、仲間にしていただければと思い加盟しました。

賃貸客付を中心に行っていたので管理受託を強化する目的でERAに加盟しました。

当時は飛行経験もなく、計器や燃料計の見方も分からない私が、急に操縦桿を握るような状況下で会社を受け継いだのですが、果たしてこのまま離陸して乗客(社員・お客様)を無事目的地まで到着させることが出来るか悩んでいるときに、経営理念に共鳴しERAへ加盟しました。

時代に応えられる会社になる為には社内だけでは無理がある。お客様のニーズに合うよう知識や付加価値を高めていかなければ時代に取り残されてしまうという危機感を抱き、加盟を検討しておりました。

本業である金融業の情報網、取引企業のルートを生かしつつ、不動産事業への参入を図ることで、シナジー効果で成長が出来ると考え、目標達成に向けての手法がわかりやすいFCだという印象もあり、ERAに加盟しました。

当初、賃貸仲介や管理業務のイロハを学ぶために加盟しました。

父親と二人で個人経営の域を脱せず、社員も一人二人と増えてきたときに、組織を構築しなければ成長はないと考えERAに加盟しました。