新規加盟店様の声 - ERA 不動産フランチャイズ加盟店募集中
HOME TEAM ERA 経営理念 会社概要 LIXILグループ 国際ネットワーク
加盟店様インタビュー

ERA東海住宅建設
(千葉県野田市)
1996年加盟

代表取締役
遠藤 博一
元々は建売住宅の販売が主力の事業として不動産業を開業したのが今から35年前。しかしバブル崩壊に伴い事業体系の立て直しを迫られる事に。そこで賃貸事業に軸足を移すことを決め事業設立から16年目の1996年に旧住通チェーン(現在のLIXILイーアールエージャパン)に加盟しました。当時のテキストを今でも大切に保管しています。
商圏を絞ってファーミングを徹底する考えに共感し、それをひたすらに実践してきました。おかげさまで現在地盤とする野田市内での管理戸数は2,000戸になりました。
現在オーナーとの繋がりを強化ており、積極的にセミナーやバス旅行会を催し、LIXILグループのメリットを活用してショールーム見学会を組み込み常連客には好評を博しています。

ERAイリグチハウジング
(京都市北区)
2006年加盟

代表取締役
入口 裕司
35歳で会社設立後すぐにイーアールエージャパンに加盟しました。多くのフランチャイズチェーンの説明会に参加したが、地域密着を最も大切にしていると感じたので最終的にERAを選びました。
まずはさまざまな研修を受講して研鑽を積み、オープンハウス時にはコツコツと営業する大切さを学び、人脈も広げました。2年目にはERAの業績コンテストで優秀加盟店賞を受賞。今でも「地域ナンバー1を目指す」という意欲的な目標に向かい3人の従業員と共に着実に歩を進めています。 売買仲介・賃貸仲介の他、戸建分譲にも着手。エンドユーザーの希望価格が1~2割程度下がるなど全体的な市況悪化はあるものの、毎年増収増益を続けています。
今後はリフォーム提案にも注力していくほか「ERA既存住宅瑕疵保証」を付けた住宅の販売など、安心・安全の不動産取引を更に推進していく方針です。

ERA新日本エステート
(埼玉県八潮市)
1995年加盟

代表取締役
鳥海 宝誉
不動産業を開始したのは25年前。しばらくは主に新築の分譲販売を手掛け業績は絶好調だったが、パワービルダー台頭もあり、足腰を鍛えておこうと賃貸事業に参入しました。ちょうどそのころ1995年に旧住通チェーン(現在のLIXILイーアールエージャパン)に加盟しました。このときERAから地域密着を強化する為のノウハウを数多く学びました。
現在は賃貸部門では1,400室を管理、「地域一番店」を自負できるまでに事業を成長させることが出来ました。
そして最近ではもうひとつの柱である売買仲介に本腰を入れています。客付仲介主体のスタイルから業務形態を転換。売り物件の受託増を目指し、自社制作のチラシの印刷部数を増やし反響効果を格段に向上させることが出来ました。常時100件前後の専任受託物件をストックしています。
今後の課題としてはこれまで原状回復や修繕を目的とした賃貸事業部の為のリフォーム事業部を中古住宅売買にも提案ができるように人材を確保し企画力施工力をつけていく方針です。

ERA関東ハウジング
(栃木県佐野市)
1994年加盟

代表取締役
北岡 宏
大手ハウスメーカーで20年の実務経験を積んだ後、約20年前に出身地である佐野市で開業しました。旧住通チェーン(現在のLIXILイーアールエージャパン)には開業と同時に加盟しました。ハウスメーカー時代に付き合いのあった地域ナンバーワンの不動産会社が皆住通チェーンの加盟店であり、オープンな雰囲気で活躍している企業が多いと感じた点が加盟の動機です。実際「横のつながり」を活用しノウハウを吸収し、短い時間で事業を軌道に乗せる事が出来ました。人材採用する時などは「全国展開しているERAは大組織ですよね。全国転勤もあるんですか?」とよく聞かれました。
開業当初は中古住宅なら関東ハウジングというイメージを植え付ける為に仲介物件を数多く広告に掲載し実績を上げてきました。今は中古住宅の買取再販にも力を入れてさらなる地域ナンバーワンを目指して活動中です。

ERA東建ホームズ
(東京都台東区)
2008年加盟

専務取締役
安食 守一
元々1986年に建築会社として設立後、住宅総合展示場への出展を集客の要として大手ハウスメーカーと同じ土俵で事業展開をしてきました。しかしリーマンショックを境に景気低迷、集客も減少を辿り東京都内、神奈川地区合計5カ所の展示場から撤退を余儀なくされました。社内体制もスリム化し事業の方向性も大きく舵を切り直す時期が来ました。方針転換として、これまで建築してきた物件のリフォーム発生時期とも重なり今まで全く手つかずだったOB顧客のリフォーム受注増や新規顧客の獲得を不動産戦略の目線でスタートさせようと2008年にERAに加盟しました。 これまで住宅展示場での幅広いエリアからの集客から今度は180度方向転換させ、打ち出した答えは地元回帰路線でした。本社の所在地である台東区根岸エリアを中心にERA研修で学んだファーミング活動を徹底継続することで徐々に地元のお客様からの問合せも増え、東建ホームズという会社名が地元で確実に定着してきたように感じます。
不動産部門の担当者は、元々インテリアコーディネーターとして社内でリフォームや建築の打合せをお客様と行っていた人でした。不動産の知識は全くの素人からはじめた為、右も左も分からないという不安な状況からのスタートではありましたが、ERA本部の研修を積極的に受講したり、加盟店同士の横のつながりを利用して情報交換に努め今では会社として相続コンサルまで事業として成立するようになりました。
リフォーム実績もほとんどゼロに等しい状況からERA加盟後3年目で年間3億円以上を売り上げるまでに成長しました。担当者は建築知識を中古仲介物件案内時にフルに生かすことで中古住宅購入希望者へのリフォーム提案が見事にはまっている様です。

lixil_group_logo_color_w520pix.gif